作品概要

死せる少女の身支度》は、画家のギュスターヴ・クールベによって制作された作品。制作年は1850?年から1855?年で、スミス大学美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

結婚から通夜のシーンへ

この大きな未完成作が1920年代に初めて公開されたときのタイトルは、「花嫁の身支度」であった。記録と絵画そのものに基づく後の研究では、このシーンが結婚の準備ではなく、通夜のためのものであることを立証した。この根本的な解釈の変更にとって重要な役割を果たしたのは、中心の人物、椅子に座る若い女性の放射線検査であった。元々は両腕を垂らした裸体で描かれていて、頭が左肩にもたれかかっていたことが明らかとなった。

上塗りの不自然さは、この変更が画家によるものではなく、後に別の人物の手で行われた可能性を高めている。作品を市場のためにもっと明るい主題にしようとしたのだろう。本作が結婚ではなく死の儀式に関係したものであるということは、若い女性の足を洗っていることや、背景にいる人々の祈祷書への集中など、数々の描写によっても裏付けられている。

強力な雰囲気

絵画の大きさを考慮すると、当初はサロンに出品する絵として意図されていたが、そこからは生活という主題を芸術の地位に引き上げようとするクールベの写実主義的なプロジェクトがうかがえる。なぜ絵が完成しなかったのかは不明である。しかし印象的なのは、この状態でも強力な雰囲気が生まれているということである。その暗い色調、強い平面構造、やや曖昧な空間に織り込まれている人物の尊厳によって、遠い距離からでも注目を集める作品となっている。作品は、明暗を作り上げる伝統的な方法と、色調の調整により、初期の段階から絵の基本的な性格と感性を確立する非常にアカデミー的でない方法で描かれている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・クールベ
  • 作品名死せる少女の身支度
  • 英語名Dressing the Dead Girl
  • 分類絵画
  • 制作年1850?年 - 1855?年
  • 製作国フランス
  • 所蔵スミス大学美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 投稿日
  • 編集者
  • 死せる少女の身支度の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。