作品概要

花のバスケット》は、画家のギュスターヴ・クールベによって制作された作品。制作年は1863年から1863年で、ブレーメン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《花のバスケット》は、フランスの画家ギュスターヴ・クールベにより1863年に制作された油彩画である。ブレーメン美術館に所蔵されている。

制作の背景

この華麗に描かれた花束は、グラスゴーのケルビングローブ美術館にあるほとんど同じサイズの作品《バスケットの花》の対画といえるだろう。両者は、クールベのパトロンであったエティエンヌ・ボードリーによる恵まれた環境のもと、サントにて描かれた。その地ではフランシュ=コンテ地方には馴染みのない花々を楽しむことができ、画家はマグノリアやデイリリーなど、季節のさまざまな段階の花を組み合わせることができた。

関連作品および描写

クールベのサントの絵画における寓意的あるいは象徴的な意図の問題は、ブレーメン美術館およびケルビングローブ美術館の絵画の関連においては一致していない。彼が制作した他の2つの小さな絵画では、キャンバスの裏に詩を刻むことによって、象徴の領域に入る作品であることが知られている。これらの2つの作品のうちの1つは、ポピーとどくろのある静物画であり、ボードリーの友人のフェドラ・ゴーダンのために描かれた。ゴーダンは地元の弁護士かつ共和党の政治家であり、クールベのサント訪問の年に、政府によって退職を余儀なくされたほどの活動家であった。クールベは必然的に彼に共感し、さらに新しい友人の花の象徴への関心を満足させたことだろう。

この作品の花については、触感、色、輝かしい自然の活力を呼び起こす美しさを描いたものである、代替的または並行した解釈を必要とするものではない。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・クールベ
  • 作品名花のバスケット
  • 英語名Basket of Flowers
  • 分類絵画
  • 制作年1863年 - 1863年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ブレーメン美術館 (ドイツ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 投稿日
  • 編集者
  • 花のバスケットの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。