作品概要

月光に照らされる女と鳥》は、画家のジョアン・ミロによって制作された作品。制作年は1949年から1949年で、?に所蔵されている。

詳細な画像を見る

作家の画風

ジョアン・ミロは伝統的な絵画の制約を拒否し、彼は「魂の中の炎で創造されたが、分析的な冷たさで処刑された」作品を創作したと語った。シュルレアリストの主導的な立場にあると広く考えられているが、公式にグループの一員になる事は無かった。ミロは人間の精神の内部の働きを表現しようとする「ランダム」描写方法であるオートマティズムのさまよう線形スタイルの開拓者である。ミロは、鳥、目、月のような繰り返しのモチーフの抽象的な要素を組み合わせた複雑な構図で、色彩と形を文字通りではなく象徴的に使用した。「私は音楽を形作る音符のように、色を詩を形作る言葉のように適用しようとしている」と彼は語った。

作品について

この作品は、ミロが1949-50年にマヨルカで作った一連の「絵画」に属している。ミロによるシンプルな形と鮮やかな色の使用は、独自性の高い視覚的言語を構成し、しばしば象徴的な意味を持つ。この場合、タイトルの女と鳥は月と星の下で容易に識別できる。このイメージは、ミロが現代文明によって脅かされている感じた、人間と自然の調和のとれた基礎的関係を示唆している。

ここで使用されているタイトルが正しいかどうかを尋ねられたとき、ミロは以下のように答えた。(1954年6月17日の手紙)「非常にゆっくりと創作された一連の絵画全体に、私は「絵画」という一般的なタイトルをつけた。しかしその後で、より正確でより客観的で具体的な意味を与えるために、「月光に照らされる女と鳥」と名付けた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョアン・ミロ
  • 作品名月光に照らされる女と鳥
  • 英語名Women and Bird in the Moonlight
  • 分類絵画
  • 制作年1949年 - 1949年
  • 製作国
  • 所蔵? (イギリス)
  • 種類油絵
  • 高さ81.3cm
  • 横幅66cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 月光に照らされる女と鳥の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。