作品概要

ジャガイモ》は、画家のジョアン・ミロによって制作された作品。制作年は1928年から1928年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

作家について

ジョアン・ミロは、自国の自然の風景や芸術的遺産に深く影響を受けた。彼のキャリアの初期段階では、彼はパリに住みフランスのシュルレアリストとその運動家と交流を持ったが、第二次世界大戦後にはスペインに戻った。この芸術界の中心からの意図的な移転は、ミロの独立性の兆候であり、彼の芸術と人生を象徴する気質である。

作家の画風

自由な発明の可能性の発掘はシュルレアリスムによって促され、ミロは高度に独自化された、心理的な要素から引き出されたスタイルを開発した。多くの場合、認識可能な開始地点から始まり、ミロは気まぐれな色と形状で自由に遊ぶことを通して主題を変換した。

作品について

《ジャガイモ》は 実在するミロの詩的なリフの象徴である。それは、青い空とおそらくジャガイモ畑である台地のパッチに対して腕を広げた巨大な女の姿を題材としている。波うち膨れ上がった白い形状が、かかしのような構図の中央の赤い柱に付けられている。ミロは「ジャガイモ – 台地 – 女」を、幾つかは素朴であり、幾つかはそうでない架空の装飾品で包みこんだ。この人物には、茶色と黒の乳房が1つあり、長く、黒く、うねっている糸を「吐き出す」。エルフのような生き物が女の周りの空に羽ばたいていおり、左の赤と黄色の 「蝶の女性」が、女の茶色のバナナのような花から飛び、他の生き物はミロの好きなモチーフの一つである梯子を登っている。作品の題名のジャガイモは実在の認識可能なジャガイモから派生している。それは女の額にある小さな楕円形のオブジェクトで、その上から3本の巻きひげが伸びている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョアン・ミロ
  • 作品名ジャガイモ
  • 英語名The Potato
  • 分類絵画
  • 制作年1928年 - 1928年
  • 製作国
  • 所蔵メトロポリタン美術館 (アメリカ)
  • 種類油絵
  • 高さ101cm
  • 横幅81.6cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ジャガイモの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。