作品概要

風景(兎)》は、画家のジョアン・ミロによって制作された作品。制作年は1927年から1927年で、ソロモン・R・グッゲンハイム美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

作家の画風について

ミロによると1925年、「空腹に起因する詩の印象に関わる幻覚」によって、彼の作品は決定的な転換期を迎えた。その結果がミロの「夢の絵画」と呼ばれる一連の作品にあり、例をあげると《人格》では青色のエーテルの中に幽霊のような形状のものが浮かんでいる。ミロはこれらのキャンバスの中にシュルレアリスムのオートマトリズムを探求し、先入観を与えることなく自由に飛び回る彼の想像をそのまま転写する事を試みた。これらのイメージは非常に図式的であるが、アーティストが明確にしたように、実在しているものに言及していないわけではない。「私にとって、形状は決して抽象的なものではない。それは常に何かの兆候である。それは常に人間、鳥、または何か他のものだ。」 と彼は1948年に言っている。

これらの作品では、ミロは自分自身の謎めいた言葉を開発し始めた。《人格》で描かれる形状は、 大きな足の痕跡と、笑っている口に3つの「歯」を持つ頭を描いている。星の形は女性の生殖器を表すことが多く、4つの光線を持つ点は、不自由な目を象徴している。

作品について

2年後、ミロは幾分現実的なイメージに戻った。なかでも《 風景》(兎)では、彼の好きな題材の1つであるカタルーニャの家族の家の周りの田園地帯に戻っている。ミロは、夏の夜、野原を矢のように横切る野兎を見た際、この絵を描くようにインスパイアされたと語った。《風景》(兎)の中でこの出来事は、天国のイベントの展開を強調するように変換された。アシッドオレンジと赤の原始的な地形は、隆起した目のある野兎が渦巻きの 「彗星」を見つめて固まっている風景である。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョアン・ミロ
  • 作品名風景(兎)
  • 英語名Landscape (The Hare)
  • 分類絵画
  • 制作年1927年 - 1927年
  • 製作国
  • 所蔵ソロモン・R・グッゲンハイム美術館 (アメリカ)
  • 種類油絵
  • 高さ130cm
  • 横幅195cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 風景(兎)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。