作品概要

磔刑》は、画家のジョヴァンニ・ダ・ミラノによって制作された作品。制作年は1360年から1360年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

この作品はジョヴァンニ・ダ・ミラノが14世紀後半に導入した豊かな色合いとより洗練されたスタイルのフィレンツェ絵画である。これは伝統的な金の絵画に対して優雅なシルエットとして捉えられる。この作品はおそらく絵画に描かれた聖人たちと特別な関係を持つ人たちのために描かれている。描かれている聖人たちはアッシジのフランシスコ、聖マリヤ・マグダラ、聖母マリア、複音記者ヨハネとアンティオキアのイグナティオスである。中心に描かれているのは十字架にはりつけられたイエス・キリスト。その左下に十字架をひざまずいて抱きかかえているアッシジのフランシスコと聖マリヤ・マグダラ。右下には複音記者ヨハネとアンティオキアのイグナティオス。十字架の両側の2人の天使はイエス・キリストの血を奪っている様を表している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョヴァンニ・ダ・ミラノ
  • 作品名磔刑
  • 英語名The Crucifixion
  • 分類絵画
  • 制作年1360年 - 1360年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館 (オランダ)
  • 種類テンペラ、板
  • 高さ51cm
  • 横幅30.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 磔刑の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。