作品概要

排泄物の山を前にした男と女》は、画家のジョアン・ミロによって制作された作品。制作年は1935年から1935年で、ミロ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

この絵は、1935年10月15日から22日の間にコッパ―上に作成された。絵は「ワイルドペインティング」として知られる12枚の絵の中の1枚である。これらの半分は銅に描かれ、残りの6枚はハードボードの一種の マイソナイトに描かれた。

作品の背景と意図

これらは、スペイン内戦に繋がった暴動の期間中に作成された。ミロはこの作品は不安の時代について描かれたものであり、スペイン内戦の悲劇と拷問を表現する試みの結果であると語った。絵は男性と女性が抱擁のために手を差し伸べるが、どちらも動いていないことを示している。拡大した性器とぼんやりとした色づけは、「嫌悪と嫌らしいセクシュアリティ」に満ちていることを表現している。この絵画は、今後の内戦についてのミロの予言を表す「鍵となる絵画」として描かれており、これらの形状は、カタロニアの状況に対するミロの悲観主義を表している。

作品の技法とタイトルについて

明暗法の効果は人物の分離した手足に対する黒い空によって創られ、それらが強調される。

ミロはタイトルをスペイン語ではなくフランス語を使う選択をした。ミロは、排泄物への言及は、レンブラント が絵を描くことになると糞の中にルビーとダイヤモンドが見つかったと言ったところから来ていると語った。

作品について

この作品は、いわゆるワイルドペインティングの最も重要な例の1つである。アーティストが感じて表現した苦悩は、スペイン内戦の大惨事の予感である。脱臼した身体の位置と妊娠は、不可能な抱擁を暗示しているようでもある。表現の色は、黙示録的な空の黒さとは対照的に、非現実的な肢体と砂漠の景色を強調する明暗法と、場を支配する排泄物の山は、ミロの深い悲観を表現する。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョアン・ミロ
  • 作品名排泄物の山を前にした男と女
  • 英語名Man and woman in front of a pile of excrement
  • 分類絵画
  • 制作年1935年 - 1935年
  • 製作国
  • 所蔵ミロ美術館 (スペイン)
  • 種類
  • 高さ23cm
  • 横幅32cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 排泄物の山を前にした男と女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。