作品概要

空間の炎と裸婦》は、画家のジョアン・ミロによって制作された作品。制作年は1932年から1932年で、ミロ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《空間の炎と裸婦》は、スペインの画家ジョアン・ミロによって1932年に描かれた作品である。

作家について

ミロは1920年に初めてパリに渡航し、1921年にはパリのアトリエでシュルレアリスムの詩人たちとの交流を持ったため、シュルレアリスムの画家として一般的に認識されている。人、そしてアーティストとしての形成には主にモン・ロイグ、パリ、マヨルカ、そして後にニューヨーク、日本から感情的な影響を受けた。

作品について

1932年のモントロイグでの夏、ミロは木の上にいくつかの小さな絵を描いた。それらは非常に抽象的である印象を与え、いくつかの控えめに配置されたシンボルが、観覧者に絵と潮流の間の曖昧な関係を確立する事を可能にする大きくカラフルな重複領域を使用している。画像の空間は、2次元領域に分割されており、小さな赤色の要素が多数付いている単一の大きな黄色の形で占められている。左の小さな口は叫び声をあたえるかのように開いていて、ダンスの動きで後ろに傾いていて、緑色の表面の前には少し赤い炎が浮かんでいる。他の絵画と同様に、強力な配色を補完する潜在的なエロティックな象徴の要素があるように見える。

作品の中の形状の意図

《空間の炎と裸婦》では、ミロは絵画の視覚と色彩のバランスに焦点を当てていて、その形状は分析の道具となる。ミロは体を解剖学的変化に付し、それは彼に空間を構成する線を修正するよう強制している。ミロの意図は、彼の後の作品のいくつかでも形状の歪みを引き起こしている、劇的な感情からの泣き叫びを表現する事である。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョアン・ミロ
  • 作品名空間の炎と裸婦
  • 英語名Flame in space and nude woman
  • 分類絵画
  • 制作年1932年 - 1932年
  • 製作国
  • 所蔵ミロ美術館 (スペイン)
  • 種類
  • 高さ41cm
  • 横幅32cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 空間の炎と裸婦の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。