作品概要

絵画1926》は、画家のジョアン・ミロによって制作された作品。制作年は1926年から1926年で、プライベートに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《絵画1926》(Painting,1926)は、スペインの画家ジョアン・ミロによって1926年に描かれた作品である。

作家について

ジョアン・ミロが1920年にバルセロナからパリに到着した際、数ヶ月内にアンドレ・マッソンの隣にある空のスタジオを見つけ、それによりアヴァンギャルドと繋がりが持てたのは幸運だった。彼はまたルーヴルでも過ごし、カラヴァッジョ、エル・グレコ、および レオナルド・ダ・ヴィンチなどの昔の巨匠の絵画を眺めた。レオナルドの絵からミロは創造的なプロセスの一部として彼の作品にしばしば組み込まれているランダムな、シミのような模様の使用の気付きを得たかもしれない。もちろん、これはアンドレ・ブルトン氏のグループでオートマティズムが議論されていた時代からの見方である。

作家の画風

1920年代のミロの最も成功した作品の構成は「イメージ・サイン」という視覚的な語彙から成っている。 これらの絵は、自然界とほとんど似ておらず、その機能は自然の通りの表現よりも、言葉や音楽のそれに近いものである。

作品について

《絵画1926》(Painting,1926)の作品の唯一の形状は、中身のないぼんやりした空間に広がる光線である。唯一の空間的定義は、1つの端を形状に接続して上に伸びる点線によって提供されている。自発的かつ直観的な笑顔の形状は、半影の月によって照らされた光沢のある笑顔の矩形のベースに結びついている。夢のような雰囲気はキュービズムから想像力によってのみ定義される世界への劇的な出発点である。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョアン・ミロ
  • 作品名絵画1926
  • 英語名Painting,1926
  • 分類絵画
  • 制作年1926年 - 1926年
  • 製作国
  • 所蔵プライベート (?)
  • 種類油絵
  • 高さ73cm
  • 横幅92cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 絵画1926の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。