作品概要

太陽の前の形状》は、画家のジョアン・ミロによって制作された作品。制作年は1968年から1968年で、ミロ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

作家について

ジョアン・ミロは セザンヌ そして ヴァンゴッホに触発され、またパリで活躍してたキュービストとシュルレアリスムのアーティストに魅力を感じた。1920年代初めにはミロはパリに行き、そこにで パブロ・ピカソ やその他の多くの有名なアーティストとの出会いがあり刺激を受けた。

ミロもまた20世紀後半の芸術へ大きな影響を与えている。ロバート・マザーウェル、アルシュール・ゴーキー、ジャクソン・ポロック、ロベルト・マッタ、マーク・ロスコなどのアーティストがミロの影響を受けた。

作家の技法

ジョアン・ミロと彼の同年輩の者は、ジークムント・フロイトの教説によって、無意識の思考の流れを解放するために、意図的に意識的制御を中断することが推奨されていた。彼らは実際に幻覚状態に影響を与え、これらの状態の間に紙に形状や容姿を捕らえるために狂気に陥る危険を冒していた。ミロはこれらの幻覚を空腹、疲労、あるいは高揚によって誘発した。ミロはまた、シュールレアリスムの詩を読むことが幻覚状態をもたらす助けとなったことを明かした。

作品について

《太陽の前の形状》は 70年代後半のミロの絵画を区別する意図的なジェスチャーを示している。明確な前例のない自由な表現であるが、厳格な構成がある事は否めない作品である。黒は出発点であり、アウトラインと構造を描くために画家によって取り入れられている。他の色の組み込みは、区画および何もない空間によって支配される。自発的であるが、ミロは構成を無視しておらず、いずれかの要素がなくなると全体のバランスが損なわれてしまう。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョアン・ミロ
  • 作品名太陽の前の形状
  • 英語名Figure in front of the sun
  • 分類絵画
  • 制作年1968年 - 1968年
  • 製作国
  • 所蔵ミロ美術館 (スペイン)
  • 種類アクリル
  • 高さ174cm
  • 横幅260cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 太陽の前の形状の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。