作品概要

自画像》は、画家のジョアン・ミロによって制作された作品。制作年は1937年から1960年で、ミロ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

作家について

ジョアンミロ(1893年4月20日 – 1983年12月25日)は、スペイン 、バルセロナ生まれの画家、彫刻家、そして 陶芸家 である。人、そして芸術家としての形成には主にモン・ロイグ、パリ、マヨルカ、そして後にニューヨーク、日本から情緒的な影響を受けた。1920年代にはパリでシュルレアリスムの詩人に知的な刺激を受け、また40年代にはニューヨークで抽象表現主義を発見した。その後、第二次世界大戦中、ジョアン・ミロは亡命先のフランスから帰国し、パルマ・デ・マヨカに避難した。彼の作品を専門に扱っている「ミロ美術館」が彼の母国のバルセロナに1975年に設立され、1981年にはパルマ・デ・マヨルカに別の「ミロ 美術館」が設立されている。

作家の画風について

国際的な評価を得て、彼の作品はシュルレアリズム、無意識のための砂場、子どもの再創造、カタロニアの誇りの表明と言い表されている。1930年代以降の多数のインタビューで、ミロはブルジョア社会を支持する方法としての従来の画法を軽蔑し、確立された絵画の視覚的要素を混乱させるために、「絵画の暗殺」を宣言した。

作品について

1937年、ミロは《自画像》に取り組み始めた。描写の結果として得られる強烈さが、非常に希釈された色を少数しか加えないという彼の決定に影響を与えた。改訂は極端な合成の探求から行われ、1960年まで続いた。その時点で、ミロは絵の背景に見られる図面のコピーを注文し、大胆で太いストロークを適用して問題の顔を単純化した。特定の識別可能なに特徴に、一般的で普遍的な形状の基本的なアウトラインが続く。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョアン・ミロ
  • 作品名自画像
  • 英語名Self-portrait
  • 分類絵画
  • 制作年1937年 - 1960年
  • 製作国
  • 所蔵ミロ美術館 (スペイン)
  • 種類油とペンシル
  • 高さ146cm
  • 横幅97cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 自画像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。