作品概要

》は、画家のギュスターヴ・クールベによって制作された作品。制作年は1865年から1866年で、ヴァルラフ・リヒャルツ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

トゥルーヴィルの海

クールベは1866年にショアゼール伯爵とともに滞在したトゥルーヴィルおよび隣接するドーヴィルでの人付き合いを楽しんでいた。リゾート地の一部の人々は肖像画で表されているが、その他の人々は、海や海岸を描いた作品には登場しない。砂浜の上に放置されたり、地平線の遠くを航海している船を除き、彼の海の絵にはほとんど例外なく人が登場しない。

海を描いた連作の一つ

クールベは、海の絵を描いたブーダンの作品に目を向け、海岸沿いで親密にグループ化された小さな人物たちではなく、低い視野と広い空に注意を払った。彼は海と空の広大な広がりと、海岸沿いの微妙な輝きに心を動かされた。干潮時の海岸において、その感動は最高潮に達する。

浜辺は平坦であり、干潮時には海面との境目の濡れた砂が光を反射しており、その奥には浅い水が広がっている。地面、海、空の3つの要素の間の色調の関係は密接であり、常に変化している。クールベはこの経験に焦点を当て、トゥルーヴィルの海岸を描いた連作において「干潮」を主題とした。この経験に応えて、彼は色調を軽くし、生涯にわたる方法であった暗闇の中に光を構築するのではなく、より明るい顔料で直接風景を描き出した。

色調の変化

この作品は、連作の中でも最も鮮やかなものである。豊富に変化する色が湿った砂と干潮、地平線に向かって濃い青色へと変化する深い緑の海水、太陽の光を遮る白い雲の広がる空を描き出している。同時に色調は、キャンバスの表面に純粋な光沢の構造を作り出している。これらの干潮時の海辺を描いた作品は、特定の場所の視覚的反応を伝えるという点で、後の印象派の絵画、特にジヴェルニーにおけるモネの絵画と著しく類似している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・クールベ
  • 作品名
  • 英語名Marine
  • 分類絵画
  • 制作年1865年 - 1866年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ヴァルラフ・リヒャルツ美術館 (ドイツ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ53.5cm
  • 横幅64cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 海の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。