作品概要

エフェメールの女王》は、画家のジョアン・ミロによって制作された作品。制作年は1975年から1975年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《エフェメールの女王》は、ジョアン・ミロによって1975年に製作された作品で、 没入型の抽象的な大型エッチングとアクアチントである。

作家について

ジョアン・ミロは1893年にバルセロナで生まれたが、人、そしてアーティストとしての形成には主にモン・ロイグ、パリ、マヨルカ、そして後にニューヨーク、日本から感情的な影響を受けた。カタロニアのバイックスキャンプ地方のモン・ロイグという小さな町は、パリでの1920年代のシュルレアリスムの詩人による知的な刺激、また40年代のニューヨークで抽象表現主義を発見する刺激へのカウンターポイントだった。その後、第二次世界大戦中、ジョアン・ミロは亡命先のフランスから帰国し、パルマ・デ・マジョルカに避難し、創作活動を行った。

作家の画風

芸術家としての晩年の作品は、ふんだんに黒を使用し、キャンバスに緩くペイントを適用するやり方で特徴づけられている。
大胆な色彩、活気に満ちたイメージ、そして鮮やかな自発性は、ミロの作品の標準的な象徴であり、この作品も例外ではない。

作品について

喜びとモーションのイメージが作品に明確にでており、コントラストのある要素を使用して、作品を見る者の注意を魅力的に捉えている。黒、緑、青、赤、黄の色を帯び、緩やかで飛散した黒い点がページを飾る。これらのディテールは遊び心のある自発的なイメージを形成している。中心の人物は楽しい歌に踊っているように見え、目に似た二つの点が見るものを面白げに見つめ返す。伴奏は音楽ノートに似ている。さまざまな形状が構造全体でバランスと調和感を提供しているが、この素晴らしい作品の中の1つの要素に集中することは困難である。

家にある絵画、高額で売りませんか?

ジョアン・ミロと思われる作品など、もし家に絵画や骨董品がある場合、こたろうで無料査定してみませんか?日本全国で出張買取可能、高額査定、現金支払いなど、メールや電話で気軽に査定することが出来ます。

骨董品・古美術品・絵画を無料査定
作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョアン・ミロ
  • 作品名エフェメールの女王
  • 英語名The Queen of Éphémeres
  • 分類絵画
  • 制作年1975年 - 1975年
  • 製作国不明
  • 所蔵個人
  • 種類エッチングとアクアチント
  • 高さ159.4cm
  • 横幅120.7cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • エフェメールの女王の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。