作品概要

花盛りの木》は、画家のピエト・モンドリアンによって制作された作品。制作年は1912年で、法人蔵に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《花盛りの木》はモンドリアンがキュビズムに影響を受けていた時代に完成させた作品の中の一つだ。

作品背景

1912年の「木々のある風景」を機に、モンドリアンは黒い網目のような線をよく用いるようになる。この黒の網目模様は彼の初期の作品でいうアーモンド形の形状に取って代わるように1912年以降の「灰色の木」「花盛りの林檎の木」などにたびたび登場することになる。

作品概要

モンドリアンのこの独特なモチーフは作品を発表するたびに抽象さを増すことになる。「灰色の木」ではしっかり木の形があったものが色彩を失い、本作「花盛りの木」ではもはや背景と対象物の区別さえないほど抽象的に描かれている。

画面中心から画面の隅まで同じ形状の網目模様で構成されているのにもかかわらず、この作品にはどこか、実際の果樹園の印象を感じずにはいられない。満開の花の中をさまようと、四方八方から薄紅色の花の枝が視界を遮るために、とかく方向感覚を失いがちになる。そのような浮遊感をモンドリアンは表現したかったのだろうか。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエト・モンドリアン
  • 作品名花盛りの木
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 1912年
  • 製作国不明
  • 所蔵法人蔵 (アメリカ)
  • 種類油彩
  • 高さ60cm
  • 横幅85cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 花盛りの木の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。