作品概要

小川のノロジカ》は、画家のギュスターヴ・クールベによって制作された作品。制作年は1868年から1868年で、キンベル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《小川のノロジカ》は、フランスの画家ギュスターヴ・クールベにより1868年に制作された油彩画である。キンベル美術館に所蔵されている。

狩りに関心を寄せた画家

クールベは熱心なハンターであった。そうして、狩りというスポーツに対する関心を同じくするパトロンにアピールするために、この《小川のノロジカ》のような作品を描いた。ノロジカという素早くおてんばな生き物を描くことによって、彼は素早い観察力や演出力を実証した。クールベはこの点において、1860年代にパリの通りや競馬場ですでにモダン・ライフを描き始めていたマネ、ドガ、モネ、ルノワールなど、多くの才能のある若い賛美者たちの努力に挑戦していたといえる。

描写と影響

クールベは、原初的な印象派の様式で自然を直接見て絵を描くことを誇りにしていたが、本作の中の多くの動物は、1866年に描かれた関連作品(オルセー美術館蔵)と似たポーズで描かれている。この事実は、不自然であるという非難につながった。1866年に両親にあてた手紙の中で、クールベは「パリの肉屋からモデルの鹿を借りた」と説明している。

クールベの独創性は、パレットナイフの使用と並び、草や葉に見られるような繊細な質感、石の層のような荒い質感に示されている。クールベの「芸術のための芸術」は、絵画表面の物理的性質に重点を置いていた。本作のような作品は、セザンヌからピカソ、マティスに至るまで、数世代にわたる風景画家に影響を与えた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・クールベ
  • 作品名小川のノロジカ
  • 英語名Roe Deer at a Stream
  • 分類絵画
  • 制作年1868年 - 1868年
  • 製作国フランス
  • 所蔵キンベル美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ97.5cm
  • 横幅129.8cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 小川のノロジカの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。