作品概要

農作業/畑で》は、画家のピエト・モンドリアンによって制作された作品。制作年は1899年で、ハーグ市立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《農作業/畑で》はモンドリアンが気を病んでいた時、田舎での療養中に描いた作品とされている。

創作背景

モンドリアンは精神的にも不安定であったらしく、自分の殻に引きこもりがちだった。1897年彼は丸一年田舎の兄弟の元で過ごした。1898年の秋から、1899年の夏にかけての期間は美術学校で同級の女性との休暇旅行が惨めに失敗した後であり、再び親元に戻って肺炎の治療に勤めている。

この時期彼は芸術家として実りの多い時期を迎えていたといえる。ウィンテルスウェイクという小さな町での情景を描いた一連の作品が制作された。特に彼は馴染みの深い教会の塔のある風景を好みスケッチブックを抱えて実家の庭の生垣に前に陣取っていたという。

芸術の今後を予感する

スケッチから仕上げられた水彩画には、農民たちがまだ村の面影を残す町の路上にいたり、家畜とともに農作業に勤しんだりしている。これらの作品をみると、モンドリアンはすでにアムステルダムの芸術家たちが抱いていた問題意識を知っていったことがわかる。

モンドリアンはその当時、既にはほとんど失われていた牧歌的な生活を再現するために、アトリエに設えたデッサン用の人工的なセットを利用していた。これは伝統を重んずる彼にとっては当然のことであった。だがこのようにして生み出されたものは製図板状でデザインしたような少女の姿にすぎなかった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエト・モンドリアン
  • 作品名農作業/畑で
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 1899年
  • 製作国不明
  • 所蔵ハーグ市立美術館 (オランダ)
  • 種類水彩
  • 高さ54.4cm
  • 横幅78.7cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 農作業/畑での感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。