作品概要

》は、画家のピエト・モンドリアンによって制作された作品。制作年は1908(1921)年?年から不明年で、シドニー・ジャニス コレクションに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《菊》は商業画家としての地位がまだ確立できなかった時代に一部の裕福な人々の依頼によって描いた作品である。

作品背景

モンドリアンは1890年代後期に画家として大衆に受け入れられるためローマ賞に作品を出品するようになった。しかし、モンドリアンの現代との調和が取れた作品はまだその頃の芸術界に受け入れられることはなかった。

そういった世界に見切りをつけたようにモンドリアンは政治に傾倒するようになる。彼は左翼過激派と交友関係を結び、そればかりか親友のアルベルト・ファンデンブリーフよれば、理解しがたいことに、「無政府主義者の陰謀にも加わったようである。1903年、オランダでは鉄道員の大規模なストライキが行われ、流血の鎮圧に於わった。公然たる闘争は怪我のもとだと常々考えていたモンドリアンは政治から手を引いて、1904年に町を離れ、ブラバント地方の田舎にひっそりと引きこもってしまい、その芸術に新たな方向を指し示す作品に取り掛かったのである。

その後数年の間、モンドリアンは日没や風車や月夜、海や砂丘の情景を繰り返し取り上げた。また花の絵を描き始めたが、これはどれも彼にはなじみ深いプロテスタントの通俗画に見られる、花で飾られた聖書の格言カードに通じる部分がある。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエト・モンドリアン
  • 作品名
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1908(1921)年?年 - 不明年
  • 製作国不明
  • 所蔵シドニー・ジャニス コレクション (アメリカ)
  • 種類水彩
  • 高さ33.9cm
  • 横幅23.9cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 菊の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。