作品概要

オルナン近郊、朝》は、画家のギュスターヴ・クールベによって制作された作品。制作年は1844?年から1844?年。

詳細な画像を見る

《オルナン近郊、朝》は、フランスの画家ギュスターヴ・クールベにより1844年頃に制作された油彩画である。

多くの議論を呼んだ画家

ギュスターヴ・クールベは、19世紀半ばの写実主義の出現の中心にいた。また、ロマン主義から印象派への橋渡しをした画家であるといえる。歴史家たちは、クールベをエドゥアール・マネやクロード・モネのような初期のモダニズム画家たちの登場における重要な前触れであったとみなしている。

クールベは、農民や貧しい人々の労働、農村部のブルジョアジーなどの社会問題に取り組んだだけでなく、それらを非感傷的に描き、多くの議論を呼んだ。

故郷の場面

ギュスターヴクールベは、スイスとの国境にあるフランシュ・コンテ地方の村である故郷のオルナンの出来事や風景を描いた。写実主義を支持する彼は、単純な農民や素朴な風景を、通常は歴史画が描かれた大きなサイズのキャンバスに描くことで、芸術に関する伝統的な考えに挑戦した画家であった。

静かで印象的な風景画

クールベの故郷であるオルナンは、肥沃な地域であり、ブドウ畑や水車小屋が多く見られる場所である。若いクールベは田舎を愛し、しばしば狩りをした。絵画においてもしばしば、故郷の谷を描くことがあった。彼は、自然が唯一の主人公である作品を描くことから始めた。この作品は、静かで、それでいて人目を引く、豊かで自然な岩の風景画となっている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・クールベ
  • 作品名オルナン近郊、朝
  • 英語名Near Ornans, Morning
  • 分類絵画
  • 制作年1844?年 - 1844?年
  • 製作国フランス
  • 所蔵不明
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 投稿日
  • 編集者
  • オルナン近郊、朝の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。