作品概要

サント=ペラジーでの自画像》は、画家のギュスターヴ・クールベによって制作された作品。制作年は1872?年から1872?年で、クールベ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《サント=ペラジーでの自画像》は、ギュスターヴ・クールベによって1872年頃に制作された油彩画である。クールベ美術館に所蔵されている。

多くの議論を呼んだ画家

ギュスターヴ・クールベは、ロマン主義から印象派へと橋渡しをした画家であった。彼は、農民や貧しい人々の労働、農村部のブルジョアジーなどの社会問題に取り組んだだけでなく、それらを非感傷的な様式で描き、多くの議論を呼んだ。

投獄された際の自画像

1871年6月、クールベは政治活動に関わったことで、サント=ペラジー刑務所に投獄された。彼は本作《サント=ペラジーでの自画像》において、人生におけるこの経験を不朽のものとした。逮捕された直後、パリ・コミューンに参加したことで告訴された。裁判においてクールベは、ナポレオン1世が建立したヴァンドーム広場の円柱の破壊に関与したと非難された。有罪判決を受けたクールベは円柱の再建費用の賠償を命じられ、1873年にスイスに亡命し、そこで生涯を終えた。

まなざしに込められた郷愁の念

この作品では、パリの刑務所の独房内にいる自分自身を描いている。クールベは、半分開いた格子つきの窓のそばにあるテーブルに座っている。栗色のスーツにベレー帽というシンプルな服装で、暗い色調の画面内で唯一の色である赤いネッカチーフをつけている。口にはパイプをくわえている。彼の平然としたまなざしには、おそらく郷愁の念が込められている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・クールベ
  • 作品名サント=ペラジーでの自画像
  • 英語名Self-Portrait at Sainte-Pélagie
  • 分類絵画
  • 制作年1872?年 - 1872?年
  • 製作国フランス
  • 所蔵クールベ美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ92cm
  • 横幅72cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • サント=ペラジーでの自画像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。