作品概要

ドイツの狩人》は、画家のギュスターヴ・クールベによって制作された作品。制作年は1859年で、レンヌ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ドイツの狩人》は、ギュスターヴ・クールベによって1859年に制作された油彩画である。レンヌ美術館に所蔵されている。

多くの議論を呼んだ画家

ギュスターヴ・クールベは、ロマン主義から印象派へと橋渡しをした画家であった。彼は、農民や貧しい人々の労働、農村部のブルジョアジーなどの社会問題に取り組んだだけでなく、それらを非感傷的な様式で描いた。このことは、多くの議論を呼ぶこととなった。

ロマン派の画家たちとは違い、クールベは滑らかな線や柔らかな形を用いることはしなかった。その代わりに、自然な筆遣いで粗い質感を作り出した。彼は対象を直接観察して描き、「芸術はこう描かれるべき」というアカデミーの考え方に挑戦した。熟練した写実的技法によりクールベは有名になり、天才、社会主義者、野蛮人など、様々に認識された。

制作の背景

1858年、フランクフルトに滞在したクールベは、制作風景を若手画家たちが見ることができるよう、アトリエをもうけた。《ドイツの狩人》、《狩人の食事》、そして《フランクフルトの婦人》という3つの主要な作品は、フランクフルトの滞在時に描かれたものである。

画面には、狩人の男性と猟犬、倒れた鹿が描かれている。クールベは、フランシュ=コンテ地方やドイツに滞在しながら狩りを楽しんでいた。当時、この種のスポーツの場面を大規模なサイズで描くのは非常に変わったことであった。クールベは、装飾的アプローチを選択することで、大きな挑戦としてこの作品を提示した。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・クールベ
  • 作品名ドイツの狩人
  • 英語名The German Huntsman
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 1859年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵レンヌ美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ120cm
  • 横幅177cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ドイツの狩人の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。