作品概要

フランクフルトの婦人》は、画家のギュスターヴ・クールベによって制作された作品。制作年は1858年から1858年で、ヴァルラフ・リヒャルツ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《フランクフルトの婦人》は、ギュスターヴ・クールベによって1858年に制作された油彩画である。ヴァルラフ・リヒャルツ美術館に所蔵されている。

多くの議論を呼んだ画家

ギュスターヴ・クールベは、ロマン主義から印象派へと橋渡しをしたフランスの画家である。彼は、農民や貧しい人々の労働、農村部のブルジョアジーなどの社会問題に取り組んだということだけでなく、それらを描く際の非感傷的な様式により多くの議論を呼んだ。ロマン派の画家とは異なり、クールベは滑らかな線と柔らかな形を用いなかった代わりに、自然な筆遣いで粗い質感を作り出した。彼は対象を直接観察して描き、「芸術はこう描かれるべき」というアカデミーの考え方に挑戦していた。

写実的技法が熟練したことによりクールベは有名となり、天才、社会主義者、野蛮人などと様々な見方で認識されていた。彼はまた、学校教育を受けていない農民としての自覚を大事にしていた。

制作の背景

1858年、フランクフルトに滞在したクールベは、制作風景を若手画家たちが見ることができるよう、アトリエをもうけた。《ドイツの狩人》、《狩人の食事》、そして《フランクフルトの婦人》という3つの主要な作品は、フランクフルトの滞在時に描かれたものである。本作は、上流階級の肖像画というクールベにとっては新しい種類の絵画であった。描かれているのは、フランクフルトの名士の妻である。彼女は、テラスで夕暮れの光を味わっている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・クールベ
  • 作品名フランクフルトの婦人
  • 英語名Woman of Frankfurt
  • 分類絵画
  • 制作年1858年 - 1858年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵ヴァルラフ・リヒャルツ美術館 (ドイツ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ104cm
  • 横幅140cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • フランクフルトの婦人の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。