作品概要

トゥルーヴィルの干潮》は、画家のギュスターヴ・クールベによって制作された作品。制作年は1865年から1865年で、ウォーカー・アート・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《トゥルーヴィルの干潮》は、フランスの画家ギュスターヴ・クールベによって1865年に制作された油彩画である。ウォーカー・アート・ギャラリーに所蔵されている。

写実主義の重要な画家

ギュスターヴ・クールベは、19世紀半ばにおける重要な写実主義画家である。彼はフランスのアカデミーの古典的、劇的なスタイルを拒否し、実際に見ることができるものの物理的リアリティを強調した。共和主義者でもあったクールベは、故郷の農民たちを擁護する手段として写実主義を用い、作品を描いた。歴史家たちは近年、クールベをエドゥアール・マネやクロード・モネのような初期モダニズム画家たちの登場における重要な前兆であったとみなしている。

海を見た感動

この作品は、ノルマンディー海岸のリゾート地トゥルーヴィルで描いた海の景色の風景画の一つである。 クールベはフランス内陸部で生まれ育ち、22歳になるまで海を見たことがなかった。彼は両親に次のように書いている。「われわれはとうとう海を見た。それは谷の住人にとっていかに奇妙なものであったことか。あなたがたもきっと心を奪われ、世界中を見てみたいと思うだろう」

繊細な色彩効果

クールベは、海とおなじく、秋の空と霧のような繊細な光にも惹かれた。これに応え、彼はより淡い色で絵を描く新しい方法を進化させ、サーモンピンク色の空にパレットナイフで繊細な色彩効果をもたらすことに成功した。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・クールベ
  • 作品名トゥルーヴィルの干潮
  • 英語名Low Tide at Trouville
  • 分類絵画
  • 制作年1865年 - 1865年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ウォーカー・アート・ギャラリー (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ59.6cm
  • 横幅72.6cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • トゥルーヴィルの干潮の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。