作品概要

ナン=ス=サン=タンヌ近くのサラジーヌ洞窟》は、画家のギュスターヴ・クールベによって制作された作品。制作年は1864?年から1864?年で、J・ポール・ゲティ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ナン=ス=サン=タンヌ近くのサラジーヌ洞窟》は、ギュスターヴ・クールベによって1864年頃に制作された油彩画である。J・ポール・ゲティ美術館に所蔵されている。

洞窟の質感描写

「生きた芸術を創ること、それが私の目標だ」――こう語ったギュスターヴ・クールベは、ダイナミックな構図とラジカルな絵画技術を駆使し、フランス東部のジュラ山脈の自生地におけるこの洞窟の特質を強調した。トンネルのような入り口のまわりには、土色の色合いと質感が渦巻いており、そこを流れる青い小川へと鑑賞者の注意を導いている。小川の前には2つの大きな岩があるが、壁から数フィートは繊細な足場がある。

表面を描くための技法

洞窟内のくすんだ表面を表現するために、クールベはパレットナイフを使用して塗料を削り取り、筆で乾いた面に湿った状態の塗料を混ぜ合わせた。当時の多くの観光客や科学者と同様に、クールベはおそらくその地質学的興味のために洞窟に惹かれたのだと思われる。

「理想の否定」としての写実主義

1860年代半ば、彼は頻繁に構成や技法を探求し、芸術は自身の生きた経験に根ざしているべきであるという強い信念を証明する手段として、この洞窟を描いた。クールベは、写実主義の基礎を「理想の否定」とし、確立された古典的な主題や洗練された様式の拒絶であると考えていた。そのため、クールベは実際に見ることができるものだけを描くことを選んだ。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・クールベ
  • 作品名ナン=ス=サン=タンヌ近くのサラジーヌ洞窟
  • 分類絵画
  • 制作年1864?年-1864?年
  • 製作国フランス
  • 所蔵J・ポール・ゲティ美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ50.2cm
  • 横幅60cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ナン=ス=サン=タンヌ近くのサラジーヌ洞窟の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。