作品概要

花瓶の中の花束》は、画家のギュスターヴ・クールベによって制作された作品。制作年は1862年から1862年で、J・ポール・ゲティ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《花瓶の中の花束》は、ギュスターヴ・クールベによって1862年に制作された油彩画である。J・ポール・ゲティ美術館に所蔵されている。

制作の背景

かつてはあまり花の絵を描かなかったギュスターヴ・クールベは、1862年にフランス西部に滞在している間、熱狂的に花の絵画に取り組んだ。友人のエティエンヌ・ボドリーの家を2週間訪れた彼は、5月に園芸愛好家のシャトーを訪れ、11ヶ月間そこに留まった。友人の励ましによって、クールベはボドリーの広大な庭園、温室、植物学の本の図書館を使い、花の絵を描いた。彼は約20枚の花の絵を描き、友人に「私は花から金を集めている」と語った。

オランダ絵画の影響

クールベは1847年にオランダを訪れており、そこで花の絵画に触れたことは明らかである。彼のアレンジは、オランダのアーティスト、ヤン・ファン・ハイスムの描いた花瓶の花の、豊かな自発性と豊かさを共有している。

クールベは、オランダの先輩画家と同じように、異なる時期に咲く花々であるユリ、バラ、グラジオラス、ストック、エゾギク、ヒルガオ、ポピーなどを選んで描いた。彼は通常、寓意を避けていたが、生涯と人間の幸福の一時的な性質を示唆するために、同じく一時的な性質を持つ花を使用するオランダの習慣に従った可能性がある。

ファン・ハイスムや他のオランダ人画家とは異なり、複雑で細かい技法で知られるクールベは、幅広い筆運び、そしてしばしばパレットナイフによる厚塗りを用いた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・クールベ
  • 作品名花瓶の中の花束
  • 英語名Bouquet of Flowers in a Vase
  • 分類絵画
  • 制作年1862年 - 1862年
  • 製作国フランス
  • 所蔵J・ポール・ゲティ美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ100.3cm
  • 横幅73.3cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 花瓶の中の花束の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。