作品概要

トレリス》は、画家のギュスターヴ・クールベによって制作された作品。制作年は1862年から1862年で、トレド美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

現代的な花の絵画

夏の花が描かれている。満開の花々は画面いっぱいに広がり、こちらも小さな花がプリントされたドレスを着た女性を包み込んでいる。

当時、農民の生活と劇的な風景の対立的な絵画で有名だったギュスターヴ・クールベは、過去を模倣するのではなく、現代生活を表現しなければならないことを鮮明に宣言した。屋外の格子垣に切り花を並べる女性を描いたこの絵は、古典的なニンフや寓意的な人物ではなく、現代的なドレスのかわいらしいモデルとして提示している。この点は、クールベの写実主義的な考えを反映している。

また、伝統的に芸術ジャンルの序列上で低い位置にあると考えられていた花の絵を、大きなスケールで構成している。

制作の背景

1862年、クールベは、裕福な若いパトロンであるエティエンヌ・ボドリーが所有するフランス南西部の地所に招待された。ホストのもてなし、魅力的な庭園、周辺の森林、そして魅惑的な女性の隣人に喜んだクールベは、ほぼ1年間そこにとどまった。クールベは植物学に詳しいボドリーや隣人に触発され、約20の花の絵を含む100近い作品を完成させた。

技法と効果

この絵画では、パレットナイフの濃い色と鮮明なストロークが、個々の花の色合いと質感を見事に呼び起こしている。フォーマルなブーケの代わりに、豪華に咲き誇る花がテーブルの上にこぼれ落ちており、花々と女性が描かれた表面下には、陽気な官能性が示されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・クールベ
  • 作品名トレリス
  • 英語名The Trellis (Young Woman Arranging Flowers)
  • 分類絵画
  • 制作年1862年 - 1862年
  • 製作国フランス
  • 所蔵トレド美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ109.8cm
  • 横幅135.2cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • トレリスの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。