作品概要

オルナンの食休み》は、画家のギュスターヴ・クールベによって制作された作品。制作年は1849年から1849年で、リール宮殿美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《オルナンの食休み》は、ギュスターヴ・クールベによって1849年に制作された油彩画である。リール宮殿美術館に所蔵されている。

父親と友人を描いた大規模な作品

ギュスターヴ・クールベは、この《オルナンの食休み》により、自身の評判を固める大規模な作品を描くという夢を実現することができた。この作品は、明暗のコントラストが際立つカラヴァジェスキ様式を用い、クールベの故郷であるオルナン村の人々がテーブルを囲む場面を描いた絵画であり、1849年のサロンで展示された。

四人の人物が描かれている。左にいるのはクールベの父親レジスであり、3人の顔見知り客とともに描かれている。奥で頬杖をついているのがユーバン・キュエノー、背中を見せてパイプをくわえているのがアドルフ・マルレ、楽器を演奏しているのがアルフォンス・プロメイである。彼らは実物大で描かれており、強烈な農村の雰囲気と強情な感触を兼ね備えている。

初めての成功

こうした大規模なサイズで描かれた風俗画は、クールベがル・ナン兄弟からシャルダンまで、写実的なフランス絵画の伝統に負うていることを証明している。穏やかで音楽のある田舎の生活の場面を提供したことにより、クールベはサロンで初めての成功を収めた。本作は金メダルを獲得したため、サロンの審査が免除されることとなった。本作は広く称賛され、芸術省長官のシャルル・ブランによってによってフランス政府に購入された。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・クールベ
  • 作品名オルナンの食休み
  • 英語名After Dinner at Ornans
  • 分類絵画
  • 制作年1849年 - 1849年
  • 製作国フランス
  • 所蔵リール宮殿美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ195cm
  • 横幅275cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • オルナンの食休みの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。