作品概要

黒い小川》は、画家のギュスターヴ・クールベによって制作された作品。制作年は1865年から1865年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《黒い小川》は、フランスの画家ギュスターヴ・クールベにより1865年に制作された油彩画である。現在、オルセー美術館に所蔵されている。

故郷を流れる小川

この作品に描かれているのは、蛇行した渓流、野生植物で覆われた険しい岩の峡谷である。この川は、クールベが生まれたオルナン村を流れている小川、ルー川である。クールベはこの場所を何度も訪れ、多くの作品に描いている。
この風景画について、クールベは次のように書いている。

「私がこれまでに描いた中で、最高のものかもしれない。それは、茂った葉を背景に、苔むした広大な岩の間に流れるルー川を描いたものだ。」

パレットナイフによる表現

クールベは、こうした寂し気な渓谷における未開の自然を探し求めていた。そこでは川の流れる湿った雰囲気が、不思議な世界の印象を伝えている。

画家の熱意が表れているこの作品では、クールベの技法は完璧の極みに達しているといえる。彼は背景の影の部分で筆を使用しただけであり、他の場所ではパレットナイフを用いて描いている。クールベは顔料を押しつぶし、ナイフで斜めに塗りつぶしている。これにより、塗料のかたまりが見えるようになっている。このかたまりは、以前のクールベ作品では上塗りによって作られていた透明度と深みを画面にもたらすことに成功している。

クールベの描いたすばらしい緑は、植生が茂る半水生世界の豊かさを喚起している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・クールベ
  • 作品名黒い小川
  • 英語名The Black Stream
  • 分類絵画
  • 制作年1865年 - 1865年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ94cm
  • 横幅135cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 黒い小川の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。