作品概要

幸せな恋人たち》は、画家のギュスターヴ・クールベによって制作された作品。制作年は1844年から1844年で、リヨン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《幸せな恋人たち》はギュスターヴ・クールベが1844年に制作した油彩画である。リヨン美術館に所蔵されている。1855年のパリ万国博覧会におけるクールベの個展で展示された際の初期タイトルは、「ワルツ」であった。画家の友人であった彫刻家フェリックス・ブラックモンは、エッチングにより本作を再生産している。

写実主義の重要な画家

ギュスターヴ・クールベは、19世紀半ばの写実主義における重要な画家であった。彼はフランスのアカデミーの古典的な様式を拒否し、見たものの物理的なリアリティを強調した。たとえその現実が、平凡かつ欠点があるものだったとしてもだ。共和主義者でもあったクールベは、故郷の農民たちを擁護する手段として写実主義を用い、作品を描いた。

彼はまた、フランスの政治に対して積極的に活動したことで知られている。1870年にはヴァンドーム広場の円柱の破壊事件における責任を問われ逮捕される。その後1873年にスイスに亡命し、その地で没した。クールベは近年においては、エドゥアール・マネやクロード・モネのようなモダニズムの画家たちの登場における重要な前触れであったともみなされている。

関連作品

これは1909年に画家の妹ジュリエット・クールベによってパリのプティ・パレに寄贈された《田舎の恋人たち》というタイトルで同時期に制作された第2版のプロトタイプであった。この二つの作品は、どちらも画家と横顔の女性を描いたものである。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・クールベ
  • 作品名幸せな恋人たち
  • 分類絵画
  • 制作年1844年-1844年
  • 製作国フランス
  • 所蔵リヨン美術館 (フランス)
  • 種類不明
  • 高さ77cm
  • 横幅60cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 幸せな恋人たちの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。