作品概要

バッカンテ》は、画家のギュスターヴ・クールベによって制作された作品。制作年は1844年から1847年で、ローコレクションに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《バッカンテ》は、1844年から1847年にかけて制作されたギュスターヴ・クールベの作品である。この絵画のタイトルは、グレコローマンの神話に登場する酒神バッカスの巫女を意味している。

写実主義の重要な画家

ギュスターヴ・クールベは、19世紀半ばの写実主義の中心にいた画家である。彼はアカデミーの古典的様式を拒否し、物理的リアリティを強調した。共和主義者でもあったクールベは、故郷の農民たちを写実的に描くことにより擁護しようと試みた。

クールベはまた、パリ=コミューンに参加するなど、政治に積極的に関与する活動をしたことで知られている。近年においては、エドゥアール・マネやクロード・モネのような初期のモダニズム画家たちの登場における前兆として、重要な画家とみなされている。

初期作品のひとつ

このクールベの初期作品は、コレッジョや彼の描いたヴィーナス、サテュロス、クピドなどの古い巨匠が描いたヌードの影響を受けていた時代のものである。この時期に描かれた自画像以外のクールベ作品は、残っているものが少ない。同時期に描かれた別の女性裸体画には、《小川で眠る浴女》(1845年、デトロイト美術館)がある。

2011年、親しい友人同士であった彫刻家オーギュスト・クレジンガーとクールベの関係を示す展覧会がクールベ美術館で開かれた。彼らのつながりは、クレジンガーの1847年の大理石像《蛇に噛まれた女性》と本作との間に顕著である。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・クールベ
  • 作品名バッカンテ
  • 分類絵画
  • 制作年1844年-1847年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ローコレクション (ドイツ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ65cm
  • 横幅81cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • バッカンテの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。