作品概要

小川》は、画家のギュスターヴ・クールベによって制作された作品。制作年は1855年から1855年で、ワシントン・ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《小川》は、フランスの画家ギュスターヴ・クールベにより1855年に制作された油彩画である。ワシントン・ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

大きなキャンバスに描かれた故郷の場面

クールベは主にフランシュ・コンテ地方の村である故郷のオルナンの出来事や風景を描いた。写実主義を支持する彼は、単純な農民や素朴な風景を、通常は歴史画が描かれる大きなサイズのキャンバスに尊厳とともに描くことによって、芸術に関する伝統的な考えに挑戦した画家であった。

主題および技法

伸びた木々と青々とした緑の土地が、森の中の狭い水路を囲んでいる。一見文明に浸食されていない原始的な風景は、19世紀の間、憧れを呼び起こす人気の主題であった。これは、現代生活の厳しさから逃れるための平和な癒しという空想的願望であった。クールベはパレットナイフの技術を使って不規則な色の層を作り、地形の物理的存在感を呼び覚ますために葉、水、白亜の岩の模様を模倣した表面を作り出した。

実在の場所の正確な描写

1855年に万国博覧会でこの絵を展示したとき、クールベは、本作に描かれている渓谷を、オルナン近くの有名な場所である「黒い小川、ルーの谷」であるとしていた。長い間、地質学を含む地域の自然史に興味を持っていたクールベは、特定の場所を描写する際は綿密に正確さを追求した。観察された細部と巧みな塗りは、クールベ作品の中でも格別である。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・クールベ
  • 作品名小川
  • 分類絵画
  • 制作年1855年-1855年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ワシントン・ナショナル・ギャラリー (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ104cm
  • 横幅137cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 小川の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。