作品概要

パイプをくわえた男》は、画家のギュスターヴ・クールベによって制作された作品。制作年は1848年から1849年で、ファーブル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

画家初期の自画像

画家としてのクールベの最初の10年のオープンな、あるいは仮装した自画像のうち、この《パイプをくわえた男》が最もよく知られたものといえる。本作は、1850年から1851年のサロンでスキャンダルを巻き起こした《オルナンの埋葬》や《石割人夫》とともに出展されたにも関わらず、初めから好意的に受け入れられた。

精神の成熟

クールベの偉大なパトロンであったモンペリエの美術収集家アルフレッド・ブルヤスは、1854年に本作を画家から購入した。その年のブルヤスへの手紙の中でクールベは本作について、「自分自身を確立しようとし、愚かさに幻滅した男の狂信的かつ禁欲的な肖像画」と説明した。これは、特に若きクールベが自己イメージを作り出すための非常に正確な認識であり、画家の精神の成熟度が高まっていることがうかがえる。フィリップ・ボルドの言葉によれば、狂信主義と禁欲主義は、若い画家の絶対的な確信と、誘惑に耐えようとする意欲をもってのみ成功する作品の強さを正確に表している。

描写

彼が提示した、太くてやや野性的な髪、薄汚いひげ、パイプ、カジュアルな服装といったイメージは、パリのボヘミアンのものである。顔の表情は、画家の精神を表している。頭が近く、鑑賞者のいる空間に積極的に突き出てくるようであるが、肉体的に近い一方で精神的には遠い。そのエネルギーは、彼のまなざしの中に集中している。

写実主義の信念

1840年代に描かれたすべての自己探求的な自画像のうち、これは最も自然かつ曖昧なものである。この作品では、自己が文化的アイデンティティーを融合させて役割を果たすものではなく、画家として10年近く活動した後のクールベの、写実主義的な研究の信念によって支えられていたとものといえる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・クールベ
  • 作品名パイプをくわえた男
  • 分類絵画
  • 制作年1848年-1849年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ファーブル美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ45cm
  • 横幅37cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • パイプをくわえた男の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。