作品概要

村の若い娘たち》は、画家のギュスターヴ・クールベによって制作された作品。制作年は1851年から1852年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「優雅な」作品

1852年のサロンに提出する新しい大きな絵画について美術批評家シャンフルーリに書いたところによると、クールベは「審査員を混乱させるだろう優雅なもの」を制作したと語っている。それは前年のサロンに提出し大きな反響を引き起こした《オルナンの埋葬》、《石割人夫》、《市場から戻ったフラジェイの農民》とは対照的な作品であることを暗示していた。確かに、3人の姉妹が日曜日に田舎を散歩しているという主題は、無害で「優雅な」活動であると思われるかもしれないが、クールベのこの記述は皮肉を込めたものだと思われる。

多くの習作

女性の生活に捧げられた連作の第一作となったこの作品は、クールベの3人の姉妹が故郷オルナン村の近くの小さな谷で散歩している場面を描いている。1851年から1852年にかけての冬に描かれた本作には、油彩によるスケッチをはじめとするいくつかの準備画が存在している。完成作品では、クールベは人物にもっと重要な役割を与え、風景を違うものに変えている。習作では空に向かって生える2本の大きな木が描かれていたが、省略された。彼はまた、牛を大きく描き直した。

評価

本作が1852年のサロンで展示されたとき、批評家はこれを激しく攻撃した。無味で不格好であるとし、3人の娘のひなびた衣装、「ばかげた」小さな犬と牛、そして伝統的な遠近法や比率を含む統一性の全体的な欠如を批判した。皮肉なことに、クールベが努力して得た最も大きな結果は、最も厄介でわずらわしいものであった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・クールベ
  • 作品名村の若い娘たち
  • 英語名Young Women from the Village
  • 分類絵画
  • 制作年1851年 - 1852年
  • 製作国フランス
  • 所蔵メトロポリタン美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ194.9cm
  • 横幅261cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 村の若い娘たちの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。