作品概要

カタツムリ・女・花・星》は、画家のジョアン・ミロによって制作された作品。制作年は193?年から1934年で、国立ソフィア王妃芸術センターに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《 カタツムリ、女性、花、星》は、スペインの画家ジョアン・ミロによって1934年に作成された油絵である。

作家について

ジョアン・ミロは、1920年代後半に意図的な過渡的実験をしていたにも関わらず、絵を完全に放棄したことはなかった。 彼はファシズムの成長とスペインの戦争前の様相に直面して作成された「野蛮な絵画」と名付けられた作品グループとともに、1935年に大筋に戻った。

作家の作品の制作方法について

印象派の指針についての共通の神話は、彼らが常に戸外作成を行ったということである。現実には、絵画のほとんどはスタジオで作成された。ミロの作品には類推がある。彼の作品にオートマティズムの概念があっても、彼は実際に絵を細かく計画していた。彼は約2メートルの高さのこのような大きなキャンパスへ作業を「スケールアップ」する前に、しばしば使用する色の説明を含む、沢山のスケッチから始めていた。

作品について

ミロの夢のようなビジョンは、複雑な下地に創造され、塗料の艶出した層でできている。構成要素の形状は、しばしば気まぐれな、またはユーモラスな質を持っており、折り曲がり、いたずらに歪んだ動物の形や、ねじれた有機の形状となっている。それでもまだ、それらは常に認識可能な形、または記述、あるいはその両方によって象徴化されたレファレンスポイントを持っていた。時にはこれらのエーテル有機体が単純な線や斑点になることもあるが、ほとんどの場合、色の飛沫がある。この期間は、彼が「絵画の殺人」を言い放ったときの特定の局面に続いて、コラージュを用いたいくつかの実験によって評価されている。《 カタツムリ、女性、花、星》がその証拠である。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョアン・ミロ
  • 作品名カタツムリ・女・花・星
  • 分類絵画
  • 制作年193?年-1934年
  • 製作国?
  • 所蔵国立ソフィア王妃芸術センター (スペイン)
  • 種類油絵
  • 高さ195cm
  • 横幅172cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • カタツムリ・女・花・星の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。