作品概要

》は、画家のギュスターヴ・クールベによって制作された作品。制作年は1872年から1872年で、チューリッヒ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《鱒》は、フランスの画家ギュスターヴ・クールベにより1872年に制作された油彩画である。スイスのチューリッヒ美術館に所蔵されている。

多くの画家を惹きつけた崖

1871年、クールベはコミューンへの参加によって逮捕され、6ヶ月間禁固刑に処せられ、スイスへと亡命することになる。亡命前に、彼は故郷オルナンのあるフランシュ=コンテ地方にしばし滞在した。この間、彼はいくつかの魚の静物画を制作している。オルナンを流れるルー川の漁師が捕まえた巨大な鱒に触発されてのことであった。オルセー美術館には、同じ大きさの異なるバージョンの作品が所蔵されている。

画家自身を重ねた作品

クールベは、17世紀のオランダ人巨匠が描いた魚の静物画の伝統に従っている。しかし彼の描いた鱒は、それらよりもより劇的な性質を持っているといえる。

この作品では、捕獲されて征服されたが、まだ生きている魚が描かれている。これは画家自身の表現であり、自身は依然として法の犠牲者であるという画家の意識がはっきりとうかがえる。こうした苦い経験をしたことで、クールベは晩年期の作品で、若かりし日のロマンチックな様式へと回帰することになった。

強力な個性による画家の絶望

本作にはオランダ絵画の影響は否めないが、クールベの強力な個性は、激しいタッチ、荒い塗り、激しいコントラストによって輝いている。この作品の叙情主義は、画家の絶望を明らかにしている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・クールベ
  • 作品名
  • 分類絵画
  • 制作年1872年-1872年
  • 製作国フランス
  • 所蔵チューリッヒ美術館 (スイス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ53cm
  • 横幅87cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 鱒の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。