作品概要

エトルタの崖、嵐のあと》は、画家のギュスターヴ・クールベによって制作された作品。制作年は1870年から1870年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《エトルタの崖、嵐のあと》は、フランスの画家ギュスターヴ・クールベにより1870年に制作された油彩画である。オルセー美術館に所蔵されている。

多くの画家を惹きつけた崖

エトルタは、フランス北西部のノルマンディー地域にある村であり、19世紀初めからその空気の明瞭さと光の質により、ウジェーヌ・ブーダンやクロード・モネといった画家たちを惹き付け、多くの絵に描かれてきた。クールベは、1869年の夏にエトルタを訪れた。彼は、湾の左にある崖(ファレーズ・ダヴァル)沿いの家に滞在し、この崖を何度も繰り返し描いた。本作《エトルタの崖、嵐のあと》は、数ある中でも最も優れたバージョンであるといえる。

明瞭な自然

この純粋な風景画でクールベは、人々と逸話的な細部を排除し、陸と岩、空と海のバランスを際立たせている。彼はそれぞれの自然の要素を明瞭に描いた。雨の後の空気と透明な光の明瞭さが見事に捉えられている。クールベの友人で写実主義の信奉者、批評家のカスタニャリは、本作について「キャンバス内を循環して細部を包み込む自由で喜ばしい空気」と語った。未来の印象派画家は、クールベの光と自由への賞賛の念を感じたことだろう。

画家の評価を上げた作品

クールベは、本作と《波》を1870年のサロンへ提出した。同じ時期に描かれた2つの作品は、同じ現象の連続的な段階を描写しているかのような対話的作品となった。これらがサロンで得た賞賛はクールベの評判を固め、彼を当時の画壇の代表的人物の1人へと押し上げた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・クールベ
  • 作品名エトルタの崖、嵐のあと
  • 分類絵画
  • 制作年1870年-1870年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ133cm
  • 横幅162cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • エトルタの崖、嵐のあとの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。