作品概要

鳥の飛翔に囲まれている女》は、画家のジョアン・ミロによって制作された作品。制作年は194?年から1941年で、?に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《鳥の飛翔に囲まれた女》は1940年から1941年に掛けて、スペインの画家ジョアン・ミロによって描かれた《星座》と呼ばれる一連の23枚の小さな作品の1つである。

作家について

ミロは1893年4月20日にスペインのバルセロナで産まれた。

彼の作品は国際的な評価を得て、シュールレアリズム、潜在意識の砂場、子供の再創造、カタロニア誇りの現れと解釈された。 1930年代以降の多数のインタビューで、ミロはブルジョア社会を支える手段としての従来の絵画法を侮辱し、確立された絵画の視覚的要素を混乱させることを好んで「絵画の暗殺」を宣言した。

作品の背景

1939年、ミロはノルマンディー海沿岸のバレンゲビルの小さな町に家族とともに住み着いていたが、ドイツ軍の進出により彼は翌年スペインに帰ることになった。

《星座》は敵意のある現実から逃げたいという欲望と、通常の地中海の環境とは異なるノルマンディーの風景と光に対する彼の反応を捉えている。空と星はこのシリーズのライトモチーフである。もつれあう線と、小さく、色のついた表意文字は、鳥、寓意的なキャラクター、星や動物が生き生きとしたテキスチャーの表面を賑わせている。この天空のイメージは、画家に絵画的空間の感覚を広げさせた。小規模なフォーマットにもかかわらず、これらの作品は、1941年以降、大きなキャンバスやもっと小さなキャンバスの多くの体系システムを先取りしている。

作品について

《鳥の飛翔に囲まれた女》の開始点は、それぞれ先端に2つの三角形で表され、鳥の連続した位置が女性を囲み、絵の表面全体を構成する線と形の布地を織りなし、絵の端まで延びている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョアン・ミロ
  • 作品名鳥の飛翔に囲まれている女
  • 英語名Woman Encircled by the Flight of a Bird
  • 分類絵画
  • 制作年194?年 - 1941年
  • 製作国?
  • 所蔵? (?)
  • 種類ステンシル
  • 高さ43cm
  • 横幅36cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 鳥の飛翔に囲まれている女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。