作品概要

はしごは火の輪の中で青空を横断する》は、画家のジョアン・ミロによって制作された作品。制作年は1953年から1953年で、プライベートコレクションに所蔵されている。

詳細な画像を見る

ジョアン・ミロの作品《はしごは火の輪の中で青空を横断する》は1953年に描かれた油絵である。

作家について

ミロは1893年にスペインの職人の家族に生を受けた。彼の父ミゲルは腕時計職人で、祖父はキャビネットメーカーと鍛冶屋であった。彼の芸術的商売を行う家族の血を受けてか、ミロは幼い頃に絵を描くことに対して強い愛情を示し、学問にはそれほど興味を示さなかった。むしろミロは、バルセロナの工芸学校(the Llotja)で芸術を追求し、風景と装飾の芸術を学んだ。

作家の画風

ジョアン・ミロは、彼の作品構成にシンプルで露出したラインを使用して実験をした。彼は日中と夜間、光と光の欠如を私たちの日常生活の中で決定づける、太陽と月と星に特別な畏敬の念を抱いていた。彼は高層ビルや人工構造のモダニズムに興味を持っていたが、洞窟の住人や人間の先祖による描写と彼らの自然界の力に対する芸術的な反応に魅了さた。

作品について

《はしごは火の輪の中で青空を横断する》でミロは非常に陽気な気分で彼のイメージの世界を表している。写真の上半分にホバリングすると、想像力の産物であるアーティストのシンボルであり、彼が良く使用する天国につながる脱出梯子がある 。中心にははしごを握っているような大きな灰色の図がある。2つの巨大な爪が上向きに曲がり、動物のような顔が、左側の先の尖った柱の上でバランスが取られている他の物体に向けられている。この夜間の絵は、楽しく音楽的で軽快な遊び心を示している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョアン・ミロ
  • 作品名はしごは火の輪の中で青空を横断する
  • 英語名Ladders Cross the Blue Sky in a Wheel of Fire
  • 分類絵画
  • 制作年1953年 - 1953年
  • 製作国不明
  • 所蔵プライベートコレクション
  • 種類油絵
  • 高さ116cm
  • 横幅89cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • はしごは火の輪の中で青空を横断するの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。