作品概要

浴女たち》は、画家のギュスターヴ・クールベによって制作された作品。制作年は1853年から1853年で、ファーブル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《浴女たち》は、フランスの画家ギュスターヴ・クールベにより1853年に制作された油彩画である。ファーブル美術館に所蔵されている。

いかなる物語もない裸体画

薄い布で低い位置にある尻を覆い、小さな池から足を踏み出す太った女性が描かれている。彼女は靴とストッキングを取って地面に座っているメイドにジェスチャーをしている。メイドは女性を見ているが、彼らが何を考えているか、お互いに言っているのかは不明である。

人々はこの作品の下品さと無意味さを批判した。この時代の裸体画は、常に優美な古典的人物で描かれるものであった。本作の裸体は、女性の身体を理想化せず写実的に表現しているため、より優美さを欠いている。加えて、服を着た女性とともにいる裸体の浴女という主題は当時一般的なものであったが、通常はある種の聖書的または神話的な物語とともに描かれた。クールベの絵にはいかなる物語もなかった。

非難を受けた作品

展示されてすぐに、本作は多くの議論を呼んだ。サロンは、クールベが1848年にメダルを獲得し、選考から免除されていたため、本作を受け入れなくてはならなかった。臀部を覆う薄いベールは、後から描き足されたように見える。これは論議を避けるためのクールベの試みである可能性がある。

本作は無価値とみなされ、破壊的であると非難された。浴女は厚い木の板に肉がつけられたように描かれており、光と闇の間にはっきりとしたコントラストがあることが、本作が「汚い」と言われた理由である。

本作以降、クールベの絵画の多くは長年に渡って検閲され、一部は破壊された。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・クールベ
  • 作品名浴女たち
  • 英語名The Bathers
  • 分類絵画
  • 制作年1853年 - 1853年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ファーブル美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ227cm
  • 横幅193cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 浴女たちの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。