作品概要

アリオン》は、画家のギュスターヴ・モローによって制作された作品。制作年は1891年から1891年で、プティ・パレに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《アリオン》は、フランスの象徴主義の画家ギュスターヴ・モローによって1891年に制作された油彩画である。パリのプティ・パレに所蔵されている。

主題の物語

ギリシアの詩人で音楽家であるアリオンの伝説は、ヘロドトスの著作から来ている。レスボス島に生まれたアリオンはシチリアへ旅をする。その後コリントスに帰還する際に金を奪われ、船員たちによって海に投げ込まれてしまう。アポロン神の介入により、アリオンの歌に魅了されたイルカによって救助され、背中に乗せられて海岸まで運ばれた。神はアリオンのリラとイルカを空に上げ、星座(いるか座)へと変えた。

東洋の色彩

古代の神話はギュスターヴ・モローが「想像力の崇高な論理」を表現することを可能にした。しかし、本作は彼が「古典ギリシャ様式を彷彿とさせる」と呼んだものから遠ざかり、インドから日本に至るエキゾチックなインスピレーション源からアラベスクの魅力と色彩の大胆さを描き出す、視覚的な世界を発明した。

教師モロー

モローは、石版画家であり彫刻家のジュール・クレモン・シャプランのためにこの作品を描いた年に、アトリエから出て、エコール・デ・ボザールで教師を始めた。彼の生徒、特にジョルジュ・ルオー、アンリ・マティス、アルベール・マルケらはモローの影響を強く受け、オディロン・ルドン、ジョルジュ・デヴァリエール、ベルギーの象徴主義画家らにそれを広めた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・モロー
  • 作品名アリオン
  • 分類絵画
  • 制作年1891年-1891年
  • 製作国フランス
  • 所蔵プティ・パレ (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ45.5cm
  • 横幅37cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • アリオンの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。