作品概要

ガラテア(1896)》は、画家のギュスターヴ・モローによって制作された作品。制作年は1896年から1896年で、フォッグ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ガラテア》は、フランスの象徴主義の画家ギュスターヴ・モローによって1896年に制作された作品である。フォッグ美術館に所蔵されている。

モローは、海のニンフガラテアと、彼女に恋をした一つ目の巨人ポリュペーモスいう主題を用いて複数の作品を描いている。本作もそのうちのひとつである。

官能的な解釈

ギュスターヴ・モロー、ピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ、ロドルフ・ブレダンは、神話的な過去の郷愁を共有している象徴主義の重要な先駆者たちである。モローは、神秘的かつ宗教的な場面を官能的に解釈した作品を作り出した。彼は海のニンフ・ガラテアを繰り返し描いた。その物語は、オウィディウスの「変身物語」で述べられているように、美の不埒な効果を警告している。

瞑想的な静けさ

海のニンフガラテアに拒絶された嫉妬深いキュクロプスであるポリュペーモスは、ガラテアの恋人であるアーキスを岩で殺してしまう。

モローの絵では、眠っている裸体のニンフを見つめる怪物の欲望のまなざしにより、強い性的欲望が表現されている。彼の醜さと、超現実的な風景の中に描かれたガラテアのほとんど神聖な体の輝く美しさとの間には、はっきりした対照がある。1880年に描かれた《ガラテア》と比べると、ガラテアのポーズは変化しているが、ポリュペーモスの姿勢は同じである。

モローは、物語ることよりも瞑想的な静けさと装飾の質を優先させることで、作品の象徴的な性質を強調している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・モロー
  • 作品名ガラテア(1896)
  • 英語名Galatea
  • 分類絵画
  • 制作年1896年 - 1896年
  • 製作国フランス
  • 所蔵フォッグ美術館 (アメリカ)
  • 種類ガッシュ、紙
  • 高さ39.5cm
  • 横幅25.7cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ガラテア(1896)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。