作品概要

若者と死》は、画家のギュスターヴ・モローによって制作された作品。制作年は1881年から1881年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

制作の背景

ギュスターブ・モローは1856年のサロンにおいて、1856年に37歳で死去した画家、テオドール・シャセリオーに敬意を表して絵を展示した。2人は互いをよく知っており、モローは彼を賞賛していた。約15年後、モローは彼の作品の偉大なコレクターであるシャルル・アイエムのために、水彩で同じ作品を描いた。それが本作である。

死に付き添われる若者

このバージョンでは、フォーマットがより細長くなっている。1865年には「足が短い」と批判された若者は、よりスリムになっている。モローは「静かで平和な場面」を描いている。冥界への入り口にいる若き芸術家は、アポロの月桂冠をかぶっている。モローが当初想定していたように、骸骨や時を表す老人ではなく、繊細な姿の人物が付き従っている。しかし、それは剣と砂時計を持つ「永遠の無関心で眠る」死である。彼女は対角線上に、幽霊のように地面から離れて浮かんでいる。

ジャン・ロランの賞賛

1883年7月15日のフェカンへの手紙の中で、詩人ジャン・ロランはモローにこう打ち明けている。「私はアイエムの水彩画と絵画が忘れられない。彼の画廊で過ごした先週、先々週の木曜は、パリに滞在した時間の中で最も美しい時間だった」
同日、彼は1897年に雑誌「L’Ombre Ardente」に発表された手書きのソネット「若者と死」を送った。その中で、彼は「神秘的な階段を軽やかに降りる」「目を見張るようなアドニス」と賞賛している。

家にある絵画、高額で売りませんか?

ギュスターヴ・モローと思われる作品など、もし家に絵画や骨董品がある場合、こたろうで無料査定してみませんか?日本全国で出張買取可能、高額査定、現金支払いなど、メールや電話で気軽に査定することが出来ます。

骨董品・古美術品・絵画を無料査定
作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・モロー
  • 作品名若者と死
  • 英語名The Young Man and Death
  • 分類絵画
  • 制作年1881年 - 1881年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類水彩、鉛筆
  • 高さ36cm
  • 横幅22.8cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 若者と死の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。