作品概要

》は、画家のギュスターヴ・モローによって制作された作品。制作年は1867年から1867年で、ティッセン=ボルネミッサ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

幻想の画家

ギュスターヴ・モローは、その幻想的な作品の空想の世界と不気味さで鑑賞者を魅了する、最も魅力的な19世紀の画家のひとりである。モローの絵画は、通常、聖書や神話の物語からの場面を描き、争いの中拘束された神や人間、奇妙な性と苦しみのビジョンなどの曖昧な視覚的シンボル――欲望や感情を抽象的な形で表現するために捉えたもの――を備えている。新プラトン主義と呼ばれる宗教的信仰によって導かれ、モローはキャンバス上に想像の産物を写真のような正確さで捉えようとした。そうすることにより、モローは神聖なビジョンを描くことができると信じていた。

彼の芸術は、彼が先駆者であった象徴主義やシュルレアリスムのような後に続く動きだけでなく、人間の心の中で最も暗く、最も深い衝動に自由を与える、私たちの時代特有の関心を予測している。

詩人とミューズ

モローの芸術は、本作のように、聖書や神話からインスピレーションを受けている。《声》と名付けられたこの作品は、「神統記」や「仕事と日」の著者で知られる古代ギリシャの詩人ヘーシオドスと、彼のミューズを描いたものである。この主題はモローの作品の中でも中心的なものであり、1867年にはこのバージョンを含めて少なくとも5作の同主題作を制作した。

ヘーシオドスは、羊飼いの服装、つえ、ゲートルを着用している。ミューズは彼にもたれかかり、月桂樹の冠を持っている。作品のタイトルは、ミューズによって具現化されたインスピレーションを意味している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・モロー
  • 作品名
  • 英語名The Voices
  • 分類絵画
  • 制作年1867年 - 1867年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ティッセン=ボルネミッサ美術館 (スペイン)
  • 種類水彩、紙
  • 高さ22cm
  • 横幅11.5cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 声の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。