作品概要

ナイル河に捨てられたモーセ》は、画家のギュスターヴ・モローによって制作された作品。制作年は1878年から1878年で、ハーバード大学美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

幻想の画家

ギュスターヴ・モローは、その幻想的な作品の空想の世界と不気味さで鑑賞者を魅了する、最も魅力的な19世紀の画家のひとりである。モローの絵画は、通常、聖書や神話の物語からの場面を描き、争いの中拘束された神や人間、奇妙な性と苦しみのビジョンなどの曖昧な視覚的シンボル――欲望や感情を抽象的な形で表現するために捉えたもの――を備えている。

物理的な世界の不完全さと一時性を強調する新プラトン主義と呼ばれる宗教的信仰によって導かれ、モローはキャンバス上に想像の産物を写真のような正確さで捉えようとした。そうすることにより、モローは神聖なビジョンを描くことができると信じていた。彼の芸術は、(彼が先駆者であった)象徴主義やシュルレアリスムのような後に続く動きだけでなく、人間の心の中で最も暗く、最も深い衝動に自由を与える、私たちの時代特有の関心を予測している。

退廃的世論の影響

フランコ・プルシアン戦争(1870-1871)とその後のナポレオン3世の政策によるフランスの敗北は、世間の挫折感を作り出した。モローはそれを、深刻な退廃感と世界の終わりへと変換した。様々なバージョンで描かれたサロメやその他の聖書主題(ヤコブと天使、ダヴィデ、モーセなど)の作品は、こうした感情の結果である。

1878年の万国博覧会で展示されたこの若いモーセの絵画は、神によって支えられた新しい公正な法の希望を表していた。モローは、この絵に、スフィンクスのイメージを隠す想像上の構造物を付け加えた。彼は1893年に同主題の新しいバージョンで作業を始めるまで、この作品を持ち続けた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・モロー
  • 作品名ナイル河に捨てられたモーセ
  • 英語名Young Moses (or Moses on the Nile)
  • 分類絵画
  • 制作年1878年 - 1878年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ハーバード大学美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ134.6cm
  • 横幅185.4cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ナイル河に捨てられたモーセの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。