作品概要

テスピオスの娘たち》は、画家のギュスターヴ・モローによって制作された作品。制作年は1853年から1882年で、ギュスターヴ・モロー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

幻想の画家

ギュスターヴ・モローは、その幻想的な作品の空想の世界と不気味さで鑑賞者を魅了する、最も魅力的な19世紀の画家のひとりである。モローの絵画は、通常、聖書や神話の物語からの場面を描き、争いの中拘束された神や人間、奇妙な性と苦しみのビジョンなどの曖昧な視覚的シンボル――欲望や感情を抽象的な形で表現するために捉えたもの――を備えていた。

主題の物語

この作品の主題は、ギリシャ神話の英雄ヘラクレスのエピソードである。ヘラクレスがその12の功業のひとつであるキタイロン山のライオン狩りを行う際、テスピオス王の歓待を受けた。テスピオス王は50人の娘をヘラクレスの元へ通わせ、全員と子をもうけさせた。

長い制作期間

この絵画の運命は、大きなキャンバスの《求婚者たち》と平行している。新たな芸術を制作するためのイタリア旅行の前の1853年頃から開始されたこれら2つの作品の制作は、非常に長い期間にわたり、途中で何度か中止と再開を繰り返した。この作品は1880年代に完成したが、《求婚者たち》は未完成のままだった。

モローは、これら2つの非常に精巧な作品を用いて、最初のネオ・グリーク(古代ギリシャ様式の新古典主義)の場面を制作した。このシーンでは、過剰な構造の中に文学的でエキゾチックな参照が豊富に内包されているようである。《退廃期のローマ人たち》を描いたトマ・クチュールの影響や、ドラクロワを思い起こさせる劇的な色彩感覚と形式的要素の階層化を見ることができる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・モロー
  • 作品名テスピオスの娘たち
  • 英語名The Daughters of Thespius
  • 分類絵画
  • 制作年1853年 - 1882年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ギュスターヴ・モロー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ255cm
  • 横幅258cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • テスピオスの娘たちの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。