作品概要

雅歌》は、画家のギュスターヴ・モローによって制作された作品。制作年は1853年から1853年で、ディジョン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

幻想の画家

象徴主義の画家であるギュスターヴ・モローは、その作品の幻想的、空想的世界と不気味さにより鑑賞者を魅了してきた、魅力的な19世紀の画家のひとりである。

モローの描いた作品たちは、聖書や神話の物語からの場面がほとんどである。彼の芸術は、争いの中拘束された神や人間、奇妙な性と苦しみのビジョンなどの曖昧な視覚的シンボル――欲望や感情を抽象的な形で表現するために捉えたもの――を備えていた。そして、彼が先駆者であった象徴主義やシュルレアリスムのような後に続く動きだけでなく、人間の心の中で最も暗く、最も深い衝動に自由を与える、私たちの時代特有の関心を予期したものということができる。

モローは、物理的な世界の不完全さと一時性を強調する新プラトン主義と呼ばれる宗教的信仰によって導かれ、キャンバス上に想像の産物を写真のような正確さで捉えようとした。

旧約聖書からの場面

1853年のサロンで展示されたこの作品は、前年内務省よりディジョン美術館のために依頼されたものであった。この場面は旧約聖書の「雅歌」のシュラミの女のエピソードに基づいている。彼女は、夜に街を出て愛する彼を探しに行くが、警備員によって攻撃され、レイプされる。

モローはこの絵画のために、水彩で街の壁のスケッチを行うなどいくつかの準備画を制作した。背景は暗く、場面の劇的な感覚を高める非現実的で眩しい光の中で演出される一方で、すべてが登場人物の暴力的な行動に焦点を当てているこの最終版まで、構成は徐々に単純化された。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・モロー
  • 作品名雅歌
  • 英語名Scene from the Song of Songs
  • 分類絵画
  • 制作年1853年 - 1853年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ディジョン美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ300cm
  • 横幅319cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 雅歌の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。