作品概要

キマイラたち》は、画家のギュスターヴ・モローによって制作された作品。制作年は1884年から1884年で、ギュスターヴ・モロー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

幻想の画家

ギュスターヴ・モローは、その幻想的な作品の空想の世界と不気味さで鑑賞者を魅了する、最も魅力的な19世紀の画家のひとりである。モローの絵画は、通常、聖書や神話の物語からの場面を描き、争いの中拘束された神や人間、奇妙な性と苦しみのビジョンなどの曖昧な視覚的シンボルを備えていた。

女性の憧れと夢

《キマイラ》は、フランスの象徴主義の画家ギュスターヴ・モローによって1884年に制作された未完成の作品である。象徴的なキマイラだけでなく、ケンタウロス、翼のある生き物、鳥獣、ミノタウロスなどの神話の生き物とともに、さまざまな裸の女性が広大な森の中に描かれている。この作品は、神話的象徴主義を通した女性の内在的な憧れと夢を描いた、モローが女性の本質として見た哲学的瞑想である。モローは母親が死亡した直後にこの作品を放棄し、名作のひとつであるより暗い多翼祭壇画《人類の生》に取り組んだ。

無意識や永遠の世界への道筋

ギュスターヴ・モローは、「画家としてはあまりにも文学的すぎる」と批判されたように、精神問題としての絵画、すなわち哲学的表現としての絵画の提議者であった。彼自身の著作によれば、本作は女性の内面的、原始的性質を描写している。

絵画の女性たちと様々な幻想的なイメージは、モローにとって、これらの女性の内なる意志と精神の現れである。同時に、弱く神秘的で、深遠で誘惑されやすいものであった。モローはエヴァのリンゴだけでなく、 パンドラの箱、あるいはパリスとヘレネーなどの、女性の原型的な神話について熟考している。夢や想像に捕らえられた女性は、無意識や永遠の世界への道筋として機能している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・モロー
  • 作品名キマイラたち
  • 英語名The Chimaeras
  • 分類絵画
  • 制作年1884年 - 1884年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ギュスターヴ・モロー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ236cm
  • 横幅204cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • キマイラたちの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。