作品概要

馬に食われるディオメデス》は、画家のギュスターヴ・モローによって制作された作品。制作年は1866年から1866年で、J・ポール・ゲティ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

幻想の画家

ギュスターヴ・モローは、その幻想的な作品の空想の世界と不気味さで鑑賞者を魅了する、最も魅力的な19世紀の画家のひとりであるといえる。聖書や神話の物語からの場面を描いた彼の作品は神聖なビジョンを備えており、(彼が先駆者であった)象徴主義やシュルレアリスムのような後に続く動きだけでなく、人間の心の中で最も暗く、最も深い衝動に自由を与える、私たちの時代特有の関心を予測していた。

主題の物語

背景の2つの柱の間でヘラクレスの影が観察する中、4頭の野生の馬がトラキアの王ディオメデスの細身を引き裂いている。茶色の牝馬は腕を噛み、もう一方の馬は顎を脚に噛みついている。馬による過去の犠牲者の死体が、血で汚れた水のプールの上に積まれている。

この場面は、ディオメデス王が所有する4頭の肉食馬を捕獲するよう命じられた、ヘラクレスの第8の功業における劇的なクライマックスである。ヘラクレスは王を殺し、彼の体を馬に与えた。

描写

ギュスターヴ・モローは、宝石のような色で暴力的で感情的な主題の魅力を描き出し、1800年代半ばのフランスの絵画を象徴している。モローの輝く洗練された水彩ウォッシュは、茶色い馬の前足の動的な動作を繰り返す、ディオメデスの延ばされた手足や不運な体を強調して、場面の劇的さを強調している。背景で見守るヘラクレスは、ウォッシュの軽い筆致で描かれた青空に対して、落ち着いたコントラストを保っている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・モロー
  • 作品名馬に食われるディオメデス
  • 英語名Diomedes Devoured by Horses
  • 分類絵画
  • 制作年1866年 - 1866年
  • 製作国フランス
  • 所蔵J・ポール・ゲティ美術館 (アメリカ)
  • 種類水彩、鉛筆
  • 高さ21.4cm
  • 横幅19.7cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 馬に食われるディオメデスの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。