作品概要

エウリュディケーの墓のオルフェウス》は、画家のギュスターヴ・モローによって制作された作品。制作年は1891年から1891年で、ギュスターヴ・モロー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《エウリュディケーの墓のオルフェウス》は、フランスの画家ギュスターヴ・モローによって1891年に制作された油彩画である。ギュスターヴ・モロー美術館に所蔵されている。

主題の物語

この作品は、1890年に死亡したモローの友人であり、おそらくは恋人であったアレクサンドリーヌ・デュリユーの生涯に敬意を表して制作された。描かれているのは、妻エウリュディケーの墓の前で悲しんでいるギリシャの詩人オルフェウスである。オルフェウスは、その竪琴で奏でる音楽で神と人を魅了する力に恵まれ、冥界の神ハデスとペルセポネを説得し、死者の国から蛇に噛まれて死んだ恋人を取り戻した。しかし地上に戻ってくる途中でオルフェウスは彼女を振り返ってしまい、神との約束を破った彼は、永遠にエウリディケーを失ってしまう。

曖昧な場面

それまでに描いた神話画のように、モローはこの物語の中のわかりやすい場面を描いてはいない。オルフェウスは、冥界へ旅する前にエウリュディケーの死を嘆いているのだろうか、それとも帰ってきた後で彼女を取り戻すことに失敗したことを悲しんでいるのだろうか。

モローは、この絵画のテーマを感情のこもった言葉で説明している。

「神聖なる歌手は永遠に静かである。偉大な声は消えている。詩人は、枝が枯れた木の根元で悲しみに打ちひしがれている。魂は孤独であり、素晴らしかったもの、強さと甘さをすべてを失ってしまった。涙は、悲しみに沈んだ孤独へと落ちていく。]

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・モロー
  • 作品名エウリュディケーの墓のオルフェウス
  • 英語名Orpheus at the Tomb of Eurydice
  • 分類絵画
  • 制作年1891年 - 1891年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ギュスターヴ・モロー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ173cm
  • 横幅128cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • エウリュディケーの墓のオルフェウスの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。