作品概要

ガラテア(1881)》は、画家のギュスターヴ・モローによって制作された作品。制作年は1880年から1881年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

主題の物語

この作品の主題は、オウィディウスの「変身物語」から取られている。グロテスクなキュクロプス(一つ目の巨人)であるポリュペモスに愛される海のニンフ、ガラテアの物語である。ガラテアは羊飼いのアーキスを愛しており、嫉妬にかられたポリュペモスはアーキスを巨石で殺してしまう。死んだアーキスの血は川となった。

それまでの歴史画や神話画の物語の明快さを踏まえながら、モローはアーキスの殺人のような重要な場面ではなく、曖昧で偶発的な瞬間を描いている。ガラテアは海の洞窟で夢を見ており、キュクロプス(一つ目ではなく、三つの目を持っている)は眠るガラテアを見ている。

モローが関心を寄せた主題

モローは、そのキャリアの中でガラテアとポリュペモスの物語を数度探求した。この主題に対するモローの関心は、彼の家にかけられていた二つの複製画、ラファエロのフレスコ画《ガラティアの勝利》(1514年)、セバスティアーノ・デル・ピオンボの《ポリュペモス》(1512年)から明らかである。モローはこうした作品から、キュクロプスの憂鬱な性質を借用した。

強い幻想性

再びこの神話的な物語に目を向けると、モローは新古典主義風景画の2人の巨匠、ニコラ・プッサンとクロード・ロランを含む歴史的な先駆者と同じように物語を描いている。しかし、モローは裸のニンフ、海洋植物のイラストから慎重にコピーされた水生植物の外来性を介して、先駆者の作品とは異なる強い幻想性を場面に与えている。この絵画は、植物と岩、輝く繊細な身体など、誇張された形式的で主観的なコントラストによって、部分的に劇的な効果を発揮している。

家にある絵画、高額で売りませんか?

ギュスターヴ・モローと思われる作品など、もし家に絵画や骨董品がある場合、こたろうで無料査定してみませんか?日本全国で出張買取可能、高額査定、現金支払いなど、メールや電話で気軽に査定することが出来ます。

骨董品・古美術品・絵画を無料査定
作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・モロー
  • 作品名ガラテア(1881)
  • 英語名Galatea
  • 分類絵画
  • 制作年1880年 - 1881年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、板
  • 高さ85.5cm
  • 横幅66cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ガラテア(1881)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。