作品概要

エミリー・セリジアと息子の肖像》は、画家のジャック=ルイ・ダヴィットによって制作された作品。制作年は1795年から1795年で、ルーヴル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

革命の時代を生きた画家

典型的な新古典主義の画家、ダヴィッドの記念碑的な作品は、おそらく伝統的歴史画の最後の勝利だったといえる。ファッショナブルなグレコ・ローマン様式を採用したダヴィッドは、こうした古風な主題を啓蒙主義の哲学と混ぜ合わせ、道徳的な模範を作り出した。彼の直線は、当時の政治を反映した物語を劇的に描いた。


制作の背景

1794年12月の終わりにリュクサンブール宮殿から解放されたダヴィッドは、病気になったため、妻の姉妹であるエミリーとピエール・セリジア夫妻の家を訪問できるよう議会に許可を求めた。夫妻の家はパリから東に32キロのトゥルナン=アン=ブリ近郊のサン=トゥアンにあった。この訪問は1795年5月の告発と逮捕によって短いものとなったが、彼は2度目、そして最後の釈放の後に警備兵を伴ってまたサン=トゥアンに戻った。ダヴィッドはその後、この肖像画を描いた。

描写

セリジア夫人は、ちょうど散歩から戻ってきた彼女の息子と一緒に室内で描かれている。彼女の頬は血色がよく、摘んだばかりの花束を持っている。花束は生き生きと鮮やかであり、細心の注意を払って描かれている。

この肖像画は、《ピエール・セリジアの肖像》とともに、ダヴィッドとセリジア夫妻の友情の証である。また、1795年のサロンに展示されることにより、ダヴィッドが試練の後でなお絵画制作が可能であることを証明した作品でもある。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャック=ルイ・ダヴィット
  • 作品名エミリー・セリジアと息子の肖像
  • 英語名Portrait of Emilie Sériziat and her Son
  • 分類絵画
  • 制作年1795年 - 1795年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ルーヴル美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ131cm
  • 横幅96cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • エミリー・セリジアと息子の肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。